<<   <      >   >>
聞書第二 〇二七五 湛然和尚曰く、「風鈴を懸けるのは風を知つて火の用心する爲」 - 葉隠原文Web
聞書第二 〇二七五 湛然和尚曰く、「風鈴を懸けるのは風を知つて火の用心する爲」 - 葉隠原文Web
<<   <      >   >>